嬉しい連絡

ご法事に必ず持って行くものがある。
作成した通信と恩師の遺稿集だ。
遺稿集は数に限りがあるので必ずではないが。
先日ある御門徒さんの法事で、有名な某通信社の副社長さんがおられた。通信社は世界にたくさんあり、AP通信、新華社、時事通信、共同通信が良く見たり聞いたりします。正確公平な内外ニュースを広く提供し、国民の知る権利に応える役割が通信社の使命であり、ニュースの卸問屋と呼ばれているそうだ。
御門徒さんは今はフリーランスで活動されておられるが、副社長さんは昔からの友人であり上司だった方だそうだ。
その方が、通信の言葉に目がとまり遺稿集を持って帰られた。
それから時が経ちお参りに呼ばれて行くと一緒に居られて、全部読まさせて頂きましたと感想を聞かせていただいた。きっと今まで仏教に触れてこられなかっただろうけど、仏教に触れた感動が伝わってきた。

先日嬉しい連絡が。
また会いたいからお二人でうちに寄らせてもらってもいいですか?という連絡。
嬉しい
また美味しいお酒が飲める楽しみ

南無阿弥陀仏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です