沿革

願入寺の歴史

大正13年

  • 神威の田中清次郎さんが、神威九線二一号に神威説教所を設け、初代梅野寂浄師を迎える。願入寺のはじまり。

昭和9年

  • 神威説教所は維持困難のため(火災にあう)、これを廃止し、札弦説教所を現在に建設して認可を受ける。

30年

  • 6月28日 寺号公称認可
    石川県輪島市の本家 願入寺より8代目藤岡秀賢 住職就任

31年

  • 6月18日 宗教法人成立の年月日

53年

  • 10月28日 9代目藤岡智 住職就任

平成12年

  • 国分誠 大谷派教師資格取得(釋誠願)

26年

  • 神威説教所90周年。札弦説教所80周年。

27年

  • 寺号公称60周年。

令和元年

  • 東京に本拠地を移す。
  • 10代目国分誠 願入寺 住職(代務者申請)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です