ご本尊 九字十字の名號(脇掛け)

届きました。

御門徒さんが待ってます🙏

南無阿弥陀仏

真宗の本尊は阿弥陀如来一仏です。尊形(そんぎょう)としては阿弥陀如来像によってあらわされ、名号(みょうごう)としては「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」によってあらわされます。「南無阿弥陀仏」は、私たちが阿弥陀如来に帰依(きえ)して生きるという意味です。私や家族または先祖を守り、願いごとをかなえてくれる仏さまとして大事にするということではなく、阿弥陀如来に帰依して生きるということこそが私たちにとって本当に尊ぶべきことなのです。「南無阿弥陀仏」を本尊とするとは、そのように生きてほしいと阿弥陀如来から願われている私たちであると知らされていくことなのです。

※ 御本尊は本山(京都・東本願寺)からいただきましょう。
お寺へご相談ください。

本尊の両側にお掛けする名号のことです。お内仏に向かって右側に十字名号の「帰命尽十方無碍光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい)」、左側に九字名号の「南無不可思議光如来(なむふかしぎこうにょらい)」が掛けられます。阿弥陀如来の徳、はたらきをあらわします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です