首都圏開教者会報恩講

初めての首都圏開教者会報恩講。

配役があたって緊張しておりましたが、今回は役員のみのお勤めに変更になってしまいました。残念です。

開教とは報恩講とは。

生きるとは。

親鸞は、私の浅はかな考えや問いの前にこう仰るのだろう。

「往生極楽のみちをといきかんがため」にあなたは今、いのちがあなたを生きていると。

南無阿弥陀仏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です